不動産投資の手間

土地や家屋への不動産投資の場合には家主と借り手の間のトラブルを避けることは難しい部分があります。賃貸契約の際のトラブルは双方納得いかない場合には長期化することもあり、家主は大きなストレスを抱えてしまう可能性があります。

また、不動産の価値は景気にかなり左右されますので、当初予定していた収益をあげられないということも考えられます。最悪の場合には赤字経営の不動産投資になってしまうことも起こりえます。また、土地や家屋が劣化した場合には家主の責任として修繕をしなくてはなりません。

一方でソーラーパネルの場合には、借り手という対象がいませんので、トラブルが起きてしまう心配は皆無です。また、ソーラーパネルによって生み出された電力の買い取り価格は20年間はルールによって固定価格となっていますので、景気に収益が左右される心配は皆無と言えます。

ソーラーパネルの機能の劣化については、メーカーの責任で修理を行うのが一般的ですので、土地や家屋の場合のような修繕費用が発生してしまう心配もありません。ソーラーパネルの寿命は20年前後と言われていますので、20年ごとに新しいものを購入・交換していくのが一般的な運用法と現行ではなっています。