不動産投資後の支出

土地や家屋への不動産投資の場合には、借り手さえついてしまえば巨額の収入を得ることができますが、一方で土地や家屋の場合にはメインテナンス費用が馬鹿にならないという面があります。庭の雑草の手入れなども行う必要があり、かなりの出費となることがおおくなります。更には、土地や家屋は固定資産税を払う必要があります。木造22年、重量鉄骨造34年、鉄筋コンクリート造47年というように耐用年数が決められていますのでその間は一定の税金を払う必要が出てきます。

一方でソーラーパネルの場合には、土地や家屋に比べると収入の面ではそれほど大きなものではありませんが、土地や家屋に比べてメインテナンスにそれほど大きな費用は必要になりません。更には固定資産税についてもソーラーパネルの耐用年数は17年ですので、土地や家屋に比べて固定資産税を払う期間も短いものとなります。

収入とメインテナンス費用のトータルで考えるとソーラーパネルの方がお得な部分が多いといえます。サーラ―パネルの場合は土地や家屋の場合とは異なり借り手を探すという労力も全く必要なく収益を得ることが可能となります。不動産屋さんへ払う仲介手数料もソーラーパネルの場合には必要ありません。