不動産投資の手間

土地や家屋への不動産投資の場合には家主と借り手の間のトラブルを避けることは難しい部分があります。賃貸契約の際のトラブルは双方納得いかない場合には長期化することもあり、家主は大きなストレスを抱えてしまう可能性があります。

また、不動産の価値は景気にかなり左右されますので、当初予定していた収益をあげられないということも考えられます。最悪の場合には赤字経営の不動産投資になってしまうことも起こりえます。また、土地や家屋が劣化した場合には家主の責任として修繕をしなくてはなりません。

一方でソーラーパネルの場合には、借り手という対象がいませんので、トラブルが起きてしまう心配は皆無です。また、ソーラーパネルによって生み出された電力の買い取り価格は20年間はルールによって固定価格となっていますので、景気に収益が左右される心配は皆無と言えます。

ソーラーパネルの機能の劣化については、メーカーの責任で修理を行うのが一般的ですので、土地や家屋の場合のような修繕費用が発生してしまう心配もありません。ソーラーパネルの寿命は20年前後と言われていますので、20年ごとに新しいものを購入・交換していくのが一般的な運用法と現行ではなっています。

不動産投資後の支出

土地や家屋への不動産投資の場合には、借り手さえついてしまえば巨額の収入を得ることができますが、一方で土地や家屋の場合にはメインテナンス費用が馬鹿にならないという面があります。庭の雑草の手入れなども行う必要があり、かなりの出費となることがおおくなります。更には、土地や家屋は固定資産税を払う必要があります。木造22年、重量鉄骨造34年、鉄筋コンクリート造47年というように耐用年数が決められていますのでその間は一定の税金を払う必要が出てきます。

一方でソーラーパネルの場合には、土地や家屋に比べると収入の面ではそれほど大きなものではありませんが、土地や家屋に比べてメインテナンスにそれほど大きな費用は必要になりません。更には固定資産税についてもソーラーパネルの耐用年数は17年ですので、土地や家屋に比べて固定資産税を払う期間も短いものとなります。

収入とメインテナンス費用のトータルで考えるとソーラーパネルの方がお得な部分が多いといえます。サーラ―パネルの場合は土地や家屋の場合とは異なり借り手を探すという労力も全く必要なく収益を得ることが可能となります。不動産屋さんへ払う仲介手数料もソーラーパネルの場合には必要ありません。

太陽光発電への不動産投資

土地や家屋などに不動産投資する代わりに、手持ちの資金をソーラーパネル(太陽光発電)に投資して大きな収益を上げたというような話を巷で多く聞くようになってきています。これまでは電力会社から供給される電力を、料金を支払って使うのが当たり前でしたが、化石燃料の枯渇の問題や原子力発電の問題もあり、自分で電力を作成するという考え方が定着するようになってきています。

ソーラーパネルは太陽の光を電力に変えることが出来るために、自宅の屋根にそれを設置するだけで簡単に電力を手にすることが可能となります。更には自分で使わない電力は電力会社が買い取ってくれますので、収益を上げることも可能になります。電力会社は20年間必ずソーラーパネル由来の電力を買い取らないといけないというルールになっていますので、非常に安定した収益となります。雨の少ない地域であれば、電力を作れないというリスクが少なくなりますし、ソーラーパネルからの電力はクリーンエネルギーと呼ばれるように二酸化炭素などの温室効果ガスを排出することもないので、安心して使っていくことが可能になります。

不動産への投資に比べて、莫大な利益ということにはなりませんが、不動産の場合には借り手がつかないと全く収益が出てこないというようなリスクもありますが、ソーラーパネルはそのようなリスクはほとんどありませんので、長期的な展望にたてば、不動産投資よりもソーラーパネルへの投資の方が安定した収入を見込めることになります。