不動産投資のリスク

ソーラーパネルは土地や家屋への不動産投資に比べて、安定した収益を見込めるというメリットがありますが、屋外に設置しているソーラーパネルの管理には留意することが必要になります。土地や家屋の場合には盗難の心配はありません。しかしながら、ソーラーパネルには盗難の心配があります。

太陽の光を当てるだけで電力を生み出してくれるので、それを使えば電気料金の節約になります。しかも電力会社が電力を一定の金額で買い取ってくれる制度もあるのですから、ソーラーパネルの商品価値は非常に高いものであるのは言うまでもありません。屋外に設置されたソーラーパネルを丸ごと盗んでしまうというような犯罪も報告されるようになってきています。ソーラーパネルによる太陽光発電の普及によって今後ますますこのような犯罪が増える傾向になるといえます。

ソーラーパネルの所有者は、柵などによって盗難防止を考えていくことが必要になります。ソーラーパネルの盗難保険にも加入しておくのも良い方法になります。万が一ソーラーパネルの盗難にあった場合には、新しいものを保険によって購入できるようになります。また、ソーラーパネルの外部からのいたずらによって傷つけられてしまうようなケースも耳にするようになってきています。この手の犯罪にたいしても、保険に加入して入れば、保険金によって修理が可能になってきます。

ソーラーパネルへの投資を決めた以上は、その資産価値を考慮に入れた対策が必要になってきます。